クリニックでの仕事のメリット・デメリットは?

クリニックでの仕事のメリット・デメリットは?

クリニックには、外来だけのところと、入院施設もあるところとありますね。
どちらにしても、病院に比べると規模が小さく、重症度の低い患者さんがほとんどです。
ほとんどのクリニックは、重症の患者さんの場合は紹介状を書いて病院に転院していますよね。
このような点から見ても、クリニックというのは病院に比べると精神的に楽なところがあります。

入院施設のないクリニックには、もちろん夜勤はないし、入院施設のあるクリニックだとしても、重症の患者さんはいませんから、
急変の心配もほとんどなく、緊張感も少ないと思いますよ。
それに、混雑するクリニックでなければ、休憩や休日はしっかりと取れるし、残業もそれほどないですね。
クリニックは個人経営のところが多いので、ドクターの都合に合わせて、働いている看護師は、年末年始やお盆など、長い連休を連れる所もあるんですよ。

クリニックでの仕事はメリットだけではなく、デメリットもあります。
働いているスタッフが少ないので、人間関係が悪かったりこじれてしまうと、かなり働きにくくなりますよね。
毎日顔を合わせて一緒に仕事をしなくてはいけないので、辛いと思いますよ。
それと、クリニックの種類によっては、忙しくて病院以上に残業が多いようなところもあるんです。
たとえば小児科などは、受付時間終了間際に、子供を連れてくるケースが多くて、診療に時間もかかるので、
毎日数時間の残業を強いられるところもありますよ。
それに、スタッフが少ないので、なかなか休みが取りにくいクリニックもあります。

看護師派遣というのは、職場によって業務内容にかなりの差があるので、自分に合ったところを選ぶには、事前にしっかりチェックする必要があると思いますよ。

2014年2月17日|